NOK株式会社 新卒採用WEBサイト

ENTRY

MYPAGE

ENTRY

MYPAGE

NOKの事業領域NOK WORKS

事業領域1
NOKグループの技術や製品は自動車をはじめ、あなたの身近なところで活躍しています。

例えば自動車で

オイルシールは自動車のエンジンやトランスミッションに使われる必要不可欠な部品で自動車1台に40個以上も使われています。NOKの製品無しでは車は走らないと言っても過言ではありません。

例えば情報通信機器で

今や生活に欠かすことが出来なくなったパソコンやスマートフォン、デジカメやタブレット端末。薄く、軽く、高性能を実現するのに「フレキシブルサーキット」は欠かせません。

例えば船舶で

船舶機器の中で技術的難易度が高く、最も重要な部品「船尾管シール装置」。船内へ海水が浸入すれば船が沈み、船外へ潤滑油が流出すれば環境汚染につながるため、高いシール技術が要求されます。貨物船や大型タンカーから砕氷船や探査船といった使用条件の厳しい特殊船にも使用され、高い品質力と技術力が特長です。

例えば飛行機・ロケットで

極低温、超高温、真空中といった厳しい条件下でも安定した機能を発揮するよう求められる「メカニカルシール」は、次世代の航空機やロケット開発に携わり、未来産業を担う無限の可能性を秘めています。

例えば建設現場で

建設機械のシャベルやアームの油圧部分には、パッキンやOリングが使用されています。その他、農業機械やプラント機器など各種産業用機械でNOKグループの製品は沢山採用されています。

例えば道路標識で

道路のゼブラゾーンの境界や中央線などに設置されている車線分離標(ラバーポール)。NOKの登録商標名では「ポストコーン」と呼びます。機械的強度の高いポリウレタン製で、視認性、耐久性に優れています。一般の人の目に触れることの少ないNOK製品の中ではめずらしく、街中で見ることができる製品です。

事業領域2
高品質な製品を生み出す、NOKグループの主な事業を紹介します。

シール事業

日本初のオイルシールメーカーとして、創業以来、合成ゴムや金属を主体とした機能部品(オイルシール、Oリング、メカニカルシールなど)を生産しています。高度な合成ゴム加工技術、シール技術、動力伝達技術、バルブ技術などから生み出される製品は、自動車や機械はもちろん、ロケットエンジン、原子力発電プラントまで、幅広い領域で活躍する製品を提供しています。高品質な製品群は、国内外から高い評価を得ています。

電子機器部品事業

1969年より電子部品事業を開始。以来、開発、設計、材料生産、製品生産までを一貫して行える体制で、フレキシブルサーキット等を世に送り出し、進化の速いデジタル機器の小型化、高性能化に貢献しています。今後も更なる技術革新に寄与していきます。

ロール事業

複写機やプリンターといった事務機器用の高機能ロールを製造しています。独自技術と高い信頼性により、繊維機器、金融端末機器向けにも製品を供給。様々な機器の技術革新に貢献しています。

特殊潤滑剤事業

「潤滑剤は消耗品ではなく、重要な機能部品の一つである」という理念のもと、超高温、極低温、高速、高荷重といった過酷な条件でも使用可能な製品を提供しています。未来のエネルギーを担う風力発電設備や水素ステーションで使用する潤滑剤なども開発しており、安心や信頼を提供しています。

化学合成品事業

環境にやさしい各種の化学合成品は、自動車や工業用品からファッションまでの様々な分野で使用されています。今後も「ユニークマテリアル&ユニークテクノロジー」により、社会に貢献していきます。