入社してから約8か月、日本メクトロン㈱にて数か所の現場で工場実習を行う。その後、設計・設計管理部でさらに実習し、設計業務やエクセル集計の仕方などを学ぶ。翌年7月、経営管理本部 経理部 経理課へ本配属となり、現在に至る。

入念な確認が不可欠。
金銭に関するあらゆる業務

現在はどのような業務に携わっていますか。

取引先やグループ会社への海外送金の申請処理や、各部署から上がって来る経費の申請内容確認・承認処理、それに応じた仕訳作業を行っています。また現預金の管理(円貨・外貨)、債務・債権の集計や評価替えおよび計上、社員が立て替えた経費を支払うための個人口座の開設等々、お金に関連する様々な業務を手掛けています。どの業務もお金が絡むので、とにかく入念な確認が欠かせません。数字を合わせる地道で泥臭い作業も多いですね。

1円のズレも許されないシビアな世界で
味わうこの上ない達成感

やりがいや面白さを教えてください。

学んだ分だけ担当業務の理解が深まり、成長を実感しやすいところです。事務系職種の中でも経理は特に専門性が高く、極めようと思えばいくらでも極められますし、お金は全てに通ずるので、業務を通して学べることや発見がたくさんあって楽しいです。海外のグループ会社とも連携を取りながら業務を進めるため、ちょっとした異文化を感じられることも。また1円も許されない数字のズレの原因を突き止め、ぴったり合った時や、送金がスムーズにいった時の達成感はひとしおです。

フランクな雰囲気だからストレスなく
仕事に取り組める

社風や職場の雰囲気はいかがですか。

個性的な人が多く、自由でアットホームな雰囲気です。仕事は皆真面目に取り組みますが、合間にお菓子をつまみながら、それぞれの口からは冗談が飛び交ったり(笑)。よくイメージされるような殺伐とした雰囲気はなく、ストレスなく働けています。それに忙しくても親切に教えてくれるので、ちょっとした疑問も聞きやすいですね。
飲み会でも様々な話や面白エピソードが聞けて楽しいです。例えば、海外勤務経験者が多いので、海外のことやグルメの話など…。強制されることはありませんが、自ら参加したくなる居心地の良さです。また社内で部署対抗のウォークラリー大会(一定期間の歩数で競う)があった時は、部署内で競って盛り上がりました。業務以外のコミュニケーションも多く、仕事がしやすい雰囲気だと思います。

イレギュラー発生時、一人で乗り越えられたことに成長を実感

印象に残っている仕事やエピソードはありますか。

送金や入金が集中する月末にかけ、日程や金額の調整を送金先としたり、送金に向けた準備を進めていくのですが、ある日は一緒に担当している先輩が出張で不在でした。そんな時に運悪くイレギュラーな案件が発生してしまったものの、何とか自分で無事に処理を完了させたことが一番印象深いですね。送金を滞りなく完了させることは当たり前のことですが、日々、様々な調整を行ってきたり、英語を使って地道に意思疎通を重ねてきたりした苦労があったからこその達成感だったと思います。

ONEDAY SCHEDULE

ある1日のスケジュール

7:45

会社の通勤バスで出社。朝礼後、メールチェックと一日の簡単な計画立て

最低限終わらせるものを決めておきます。

8:50

社員の経費申請の内容をチェック、Webでの承認作業

9:45

預金口座の残高チェック

お金の出入りがある度に伝票をきり、会計ソフトと口座の残高があっているか確認します。

11:00

月末送金の集計

送金先や金額、通貨等しっかり確認。

12:15

お昼

基本デスクでお弁当ですが、時々食堂に行くことも。

13:05

月末の送金や為替予約、資金報告の準備

14:30

海外からの入金は内容の確認

Webか電話で入金処理後、各担当者へ連絡。不明なものがあれば直接海外に問い合わせます。

15:00

依頼申請

支店や各事業所への資金送金や、取引先やグループ会社・出向者への送金(海外が多め)の依頼を行います。

16:00

確認・承認作業

17:00

会社の通勤バスで退社

CAREER

今後のキャリアについて

毎日学ぶことが多く、ひたすら業務をこなしている状態ではありますが、今後はもっと知識や経験を増やして、自分の担当範囲は何でも一人で対応できるようになりたいです。また、経理全体やそれ以外のことにもアンテナを広げて、物事を複合的に判断していけるようにもなれればと思います。