入社後、ユニマテック㈱に配属となり、3か月間の工場実習を行う。その後、ユニマテック材料開発部 開発二課に本配属となり、材料開発に携わる。

新製品立ち上げに向け実験や物性評価に励む

現在はどのような業務に携わっていますか。

私の所属している材料開発部 開発二課では、主にアクリルゴムや加硫剤などの配合剤の開発、お客様への技術サービスを行っています。その中で、私はアクリルゴムの開発業務を担当しています。アクリルゴムは耐熱性や耐油性に優れ、主にオイルシールなどの自動車部品に使用される合成ゴムです。配属後から高分子の基礎知識・実験方法・分析技術などを学び、現在は新製品立ち上げに向けて、量産条件の最適化を目標に実験や物性評価を行っています。

仮説をもとに実験が成功した時は
嬉しさが込み上げる

やりがいや面白さを教えてください。

入社してから初めて合成ゴムに触れたので、この分野に関する知識がほとんどありませんでした。しかし、疑問に感じたことを調べ、試行錯誤をしながら何度も実験をするうちに、少しずつ自分の知見が広がってきました。身につけた知識をもとに仮説を立て、実験を行った結果が予想通りになった時は、材料の技術者として嬉しい瞬間です。仮説が外れた時は少し悔しい気持ちになりますが、「なぜうまくいかなかったのか」を考えることも楽しみの一つです。

一生の付き合いになると
確信できる強いつながり

社風や職場の雰囲気はいかがですか。

部署全体で本当に仲が良いと思います。上司、先輩との距離が近いので仕事で分からないことがあればすぐに聞ける環境です。プライベートでも先輩・後輩と一緒にラーメンを食べに行ったり、スノボに行くなど充実した日々を過ごしています。忘年会では上司自らサンタクロースの格好をして場を盛り上げてくれました(笑)。一生の付き合いになると思うので、こういったつながりは大切にしていきたいと思います。

先輩や上司の力を借りて無事に収率を改善

印象に残っている仕事やエピソードはありますか。

入社して半年後に携わったアクリルゴムの収率改善検討です。収率を改善することで収益性を高めることができるだけでなく、廃棄物が減り、環境にやさしい製品になります。収率向上のほかに、物性への影響も考慮しながら進めなければならなかったため、最適な条件を見出すために多くの実験や評価を行いました。失敗もありましたが、先輩や上司の的確なアドバイスがあったおかげで無事やり遂げることができ、実際に採用された時は嬉しかったです。

ONEDAY SCHEDULE

ある1日のスケジュール

7:00

出社

7:10

社食で朝食

同期と談話しながら食堂で朝食を食べます。

8:00

始業・メールチェック

8:30

実験

ラボスケールでアクリルゴムの重合(合成ゴムを製造する操作のこと)を行います。

12:00

社食で昼食

午後に備えてご飯はいつも大盛りです。

13:00

分析、物性測定

午前中の実験で得られたサンプルの分析を
メインに行います。

16:00

実験結果のまとめ

その日に得られたデータをまとめて、
翌日の検討につなげます。

17:30

日次報告

その日の結果について先輩と軽くディスカッション。

18:00

退社

日によって退社時間は異なりますが、
18時ごろに退社することが多いです。

CAREER

今後のキャリアについて

現在は先輩にアドバイスをもらいながら仕事を進めていますが、将来的には皆から頼られる技術者になりたいと思っています。これからも、多くのことを吸収できるように何事にも興味を持ち、自分自身の経験となるよう努力していきたいと思います。任せられた仕事をしっかり完了させることが目下の目標です。