DATA

内定者プロフィール

NOK内定者のプロフィールを
数字でご紹介します

内定者

文・理比率

理系84%文系16%

内定者

学歴内訳

大学院49%大学39%高専12%

内定者

理系出身専攻

機械系52%化学・物質系25%電気・電子系12%金属・材料系6%制御系3%情報・物理他2%

先輩社員の出身大学一覧

  • 北海道大学
  • 室蘭工業大学
  • 岩手大学
  • 秋田大学
  • 山形大学
  • 東北大学
  • 宇都宮大学
  • 茨城大学
  • 筑波大学
  • 群馬大学
  • 埼玉大学
  • 千葉大学
  • 東京大学
  • 東京工業大学
  • 東京海洋大学
  • 東京農工大学
  • 電気通信大学
  • 一橋大学
  • 横浜国立大学
  • 新潟大学
  • 長岡技術科学大学
  • 信州大学
  • 静岡大学
  • 豊橋技術科学大学
  • 名古屋大学
  • 名古屋工業大学
  • 富山大学
  • 富山大学大学院
  • 金沢大学
  • 北陸先端科学技術大学院大学
  • 京都大学
  • 京都工芸繊維大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 岡山大学
  • 広島大学
  • 鳥取大学
  • 島根大学
  • 山口大学
  • 香川大学
  • 愛媛大学
  • 徳島大学
  • 九州大学
  • 九州工業大学
  • 長崎大学
  • 佐賀大学
  • 大分大学
  • 宮崎大学
  • 熊本大学
  • 鹿児島大学
  • 琉球大学
  • 秋田県立大学
  • 首都大学東京
  • 横浜市立大学
  • 富山県立大学
  • 滋賀県立大学
  • 大阪府立大学
  • 兵庫県立大学
  • 岡山県立大学
  • 北九州市立大学
  • 青山学院大学
  • 慶應義塾大学
  • 工学院大学
  • 国際基督教大学
  • 芝浦工業大学
  • 上智大学
  • 中央大学
  • 東京電機大学
  • 東京都市大学
  • 東京理科大学
  • 日本大学
  • 法政大学
  • 明治大学
  • 立教大学
  • 早稲田大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 近畿大学
  • 西南学院大学
  • 旭川工業高等専門学校
  • 釧路工業高等専門学校
  • 函館工業高等専門学校
  • 秋田工業高等専門学校
  • 仙台高等専門学校
  • 一関工業高等専門学校
  • 鶴岡工業高等専門学校
  • 木更津工業高等専門学校
  • 沼津工業高等専門学校
  • 鈴鹿工業高等専門学校
  • 豊田工業高等専門学校
  • 和歌山工業高等専門学校
  • 津山工業高等専門学校
  • 徳山工業高等専門学校
  • 米子工業高等専門学校
  • 宇部工業高等専門学校
  • 弓削商船高等専門学校
  • 高知工業高等専門学校
  • 北九州工業高等専門学校
  • 久留米工業高等専門学校
  • 有明工業高等専門学校
  • 熊本高等専門学校
  • 佐世保工業高等専門学校
  • 大分工業高等専門学校
  • 鹿児島工業高等専門学校
  • 沖縄工業高等専門学校
  • 他多数 ※順不同

Q&A

内定者によるQ&A

NOK内定者に、就活についての
本音を聞いてみました!

Question 01

NOKのイメージについて

広くは知られていないが、世界トップの技術をもっていて、目に見えない製品のシェアが高い。世界を陰から支えているイメージです。

福利厚生が充実していて、風通しが良く、社員の方が活き活き働いている。
人を大切にしている企業だと思います。

グローバルでありつつ堅実、また業界トップクラスの製品があることから、高い技術力と信頼を得ている企業であると感じています。

グループ全体で一致団結し、先進技術を開発・蓄積することで、世界で活躍する製品を数多く手掛けている印象です。

Question 02

面接で特にPRしたことは?

NOKへの憧れ、モノづくりへの
思いをまっすぐに伝えました。

部活動でバイクの整備をする機会が多く、実際にNOK製品を使ったことがあるので、どんな時に使ってどんなことを思ったかについての話しをしました。NOKでのモノづくりに、自分の知識を活かしていきたいことをアピールしました。

人間性やこれまでの取り組み、
どのように成長していきたいかを
アピールしました。

興味を持って取り組んできた研究分野が、NOKの事業領域にマッチしていること。将来自分がやりたい職種と、その分野の発展にどのように貢献したいかと熱意を伝えました。

インターンに参加して強まった、
NOKで働きたい気持ちを伝えました。

2週間の技術系インターンシップに参加して、たくさんのことを実際に見て、聞いて、体験することができたので、そこでの経験や社風が決め手となったことを強くアピールしました。

これまでの経験や努力について
熱意を込めて話しました。

集団で一つの目標へ向けて努力した経験と、それから得られたものを特にPRしました。具体的には、私はロボコンサークルに所属し、日々ロボット製作に励んでいたため、その経験をNOKで活かしていきたいことを伝えました。

Question 03

NOKの選考の印象は?

非常に温かく対応していただき、話しやすい環境を作っていただきました。 内面的なことを重視して面接している印象で、とても和やかな雰囲気だったので、私が伝えたいことを緊張せずにすべて伝えることができました。

他の企業よりも選考はスムーズで受けやすかった印象です。面接では面接官の方が受け答えしやすい雰囲気を作ってくれたので非常に話しやすかったです。

面接時間は短かったです。私の場合、最終面接は終始趣味の話ばかりでした(笑)。人柄を良く見ているのかなと思います。

面接では毎回、緊張していましたが、話していくうちに程よく緊張が解けていった感覚を覚えています。
にこやかに話しかけてくださる社員さんが多く、私の良いところを見つけようとしてくださっていたように思います。

Question 04

学生時代に
力を入れたところ

部活動を通したコミュニケーション能力の向上です。自動車部で車両整備担当として貢献しました。個人の活動でも選手として大会に出場していたので、整備や部品の知識、運転技術には自信があります。

研究に最も力を入れて取り組みました。得られた成果を学会や企業にて研究発表をする機会があり、意見の交流を図ることで良い刺激になりました。アイディアを生み出すためには人との交流が重要であると実感しました。

正直、勉強はほとんどしていません(笑)。その代わりではないですが、居酒屋でのアルバイトやフットサルサークルに励んでいました!バイトは多いときで週5~6日程度、サークルにも週に4日ほど参加していました。とにかく楽しい日々でした!(笑)

地域のボランティアグループに所属し、大学生リーダーとして、地域の小学校との合同ボランティアの企画運営をしていたことです。運営の工夫をすることが自身の成長につながりました。

Question 05

NOKで実現したいこと、
やりたいこと

NOKは縁の下の力持ちの企業だと考えていますが、生産技術や製造技術の仕事を通じて、お客さん(社員)の喜ぶ顔を実際に見てみたいです。

時代とともに世の中のニーズが変化する中で、そのニーズを満たすため、NOKにしかつくれない製品を供給し、人々の暮らしを豊かにしていきたいです。

基礎研究や新商品に携われる優秀なエンジニアになりたいです。自分が作ったシールが用いられている車に乗ることも夢です。

自分の大好きな車やバイクメーカーとの取り引きで信頼関係を築き、NOKをもっと多くの人々に知ってもらえるように頑張りたいです。

Question 06

同期の印象は?

話しやすい雰囲気の方が
多い印象です。

営業職の同期はみんな明るく、気さくな印象です。実習や研修も賑やかになりそうな予感がします!これから同期と切磋琢磨し仕事をしていくことが非常に楽しみです。

普段の友達などからは
聞けないような話が聞ける。

様々な専攻の同期がいて、研究内容などは聞いていて飽きません。また、学業以外にも、幅広い分野で活躍している人が多く、話題が豊富で話を聞いているだけで学べることがたくさんあります。

共に成長していけることに
喜びを感じます。

みんな積極的に話しかけてきてくれて楽しく会話が出来ています。こんな人たちと同期として働けることに喜びを感じました。文系は少数ですか、それ故に一人一人との濃い繋がりを意識していきたいと思っています。

選び抜かれた、
様々なジャンルの面白い人。

コミュニケーション能力が高く、すぐに打ち解けることができ、個性豊かだと感じました。ユーモアのある人、真面目そうな人、人当たりがよい人、人懐こい人など、会社のカラーみたいなものが良い意味でにじみ出ています。